2017年8月20日日曜日

作家もこそっと書くブログ9 トラウマ克服劇団がゆく。

上田です。
西垣さんと僕で、なんとなく週替わりで、
KBSとtvkでの放送のことを、交互に書いていきますね。

今週はtvkのこと。
先ほど放送されたのは、「トラウマ克服劇団の旅」でした。


KBSでは、去年のちょうど今ごろに放送された回。

京都の演劇人たちから過去のトラウマ体験談を聞きだし、
それの「裏ストーリー」を演じることで、傷を癒してあげる。
そんな「トラウマ克服劇団」が、4つのトラウマに挑む、という旅。


思わぬハートウォーミングな瞬間が見れた、というのが、
この旅の拾いものでした。
演劇の力とはすごいものだな、と。
ひとときでも、虚構が現実を塗り替えることってあるんですよね。

暗い旅は、「ドキュメンタリーバラエティ」でして。
けど、せっかく僕ら演劇人がやる番組ですから、
演劇人にしかできない要素を、できることなら入れたいな、と。
そう思いながら、旅を続けていて。

たとえばコント回がそうなんですが。
この「トラウマ克服劇団の旅」も、また別の、ひとつの答えだなと。

割とこれ、緊張する企画なんです。
脚本力や演技力が、まあまあ野に晒されるという。
言ったら一応、本業ですからね。
冗談っぽくやってますけど、けっこう一同、本気は出していて。


これが本気か、というむきもありましょうが。


本公演でも、似たようなことをやっています。

特にまあ、「トラウマ克服劇団」は、
人の実際のトラウマを相手取るわけですから、
思いがけず、作劇の強度が要求されますし。

いい劇を見せれば、ゲストもいい顔をしてくれる。
そうでもない劇だと、ゲストの顔はやっぱり晴れない。


最後の九鬼そねみさんへの上演では、
軽くふざけにかかったら、案外シリアスなトラウマだったようで、
これは舐めてかかっちゃいけないな、と、背筋が伸びたものでした。
根深いやつは、くそSFでは癒し得ないのだと。

そんなわけで、これは大変、面白い旅です。
いや、人のトラウマを面白がっちゃあいけませんけど。
言ってみれば、現実が勝つか、物語が勝つかの、真剣勝負で。
一瞬でも、劇が涙拭くハンカチになれれば、素敵じゃありませんか。


本多くんは、ふざけているようにも見えますけど。
理不尽な現実と、演劇で果敢に戦う男の姿です。

もっとやりたいですね。
第2回はわりとすぐにやりましたけど。
3回、4回と続けていけたらと。

もっと強めのトラウマにも出会いたいですし(怖いけど)、
長編だって作ってみたい。劇場で公演をするとか。
劇団員ももっと増やしてきたいですね。
かつてトラウマを克服した人が、こんどは劇団側に回るとか。
逆に、重いトラウマに取り込まれて、闇落ちするやつもいたりして。

夢は広がる、トラウマ克服劇団。
トラウマをお持ちの演劇人の方、お、お待ちしております。

2017年8月13日日曜日

♯156「蚊柱少年になる旅」放送後記。

西垣です。

初夏の夕暮れ。
部活終わり、あの子と自転車で帰った河川敷で、
蚊柱に襲われたことは、ありませんか?
いい雰囲気になりたいのに、自分の頭の上に蚊柱が立ったり、
またまた、あの子にうつったり。

早朝ジョギングしていたあの朝。
きらきら走っていると、蚊柱が口の中に入ってきたことはないですか?
かわしながら、走って変なひとに思われたりとか?

そんなノスタルジーな思いをひっさげて、
今回は自ら蚊柱を立て、蚊柱少年になろう!というのが今回の企画です。
の、はずが。

なぜか手には、わたがし。

そう、蚊柱はもう目の前、ロケーションも抜群!
その前に行われた、ふわふわファンタジーに包まれた、
西村プロディース『かわいいエチュード』をお送りします。
※テレビでは早送りになってしまいました。


石田「僕の名前は綿菓子わたお!友達が欲しいなぁ」
物語の主人公はわたお、ぼんやりとした顔をしている。
石田「でも鼻が大きくてイジメられてばっかりなんだ」
確かに、ちょっぴり鼻が大きいけど。気にするなよ、わたお。
そこにやってきたのは、



酒井「わしはわたがし博士じゃ!」
石田「博士」
博士がわたおに、何の用なのでしょう?

酒井「わしが作った友達マシーンで仲間を呼んでみよう!」
博士は発明で、わたおの夢を叶えて
くれるのです。

そしてやってきたのは…


黒木「綿菓子伯爵じゃ!」
わたおとは、少し年が離れているけど、
石田「伯爵!」
わたおは、大喜び。


黒木「どうだね、バーボンでも飲むかね?」
ちょっと大人の提案をする伯爵であった。
酒井「わしたちは、わたがしだから飲んだら
   溶けちゃうぞ」
一同「はははははっ!」
酒井「めでたしめでたし」
と、平和に物語が終わりました。

しかし、めでたしめでたしと終わったにも、
かかわらず、変なやつがやってきました。


一人?二人?

欣也「遅れちゃうよ、遅れちゃうよ!ドーン!」
突然やってきた、登場人物と設定。
かろうじて伯爵が口をひらいた。

黒木「なんだ、こいつは?」
ここから、物語は急速に潤いをうしないます。


欣也「物語に混ぜてよ」
いくら、のびた君が仲間外れになっても
こんなことは言いません。言ってはいけません。
石田「どういうこと?」
欣也「説明に時間をかけていい?」
と言ったところで終劇。強制終了。
誰が悪いわけじゃない、確かに全員悪人だけど、最後のやつは極悪でした。


時がたち、つわものどもが夢のあと。














2017年8月6日日曜日

作家もこそっと書くブログ8 ひと部屋で。

えー、8月5日(もう6日ですね)、24時30分から。

tvkさんで、めでたく暗い旅の放送がスタートしまして。
記念すべき第1回目として、
「中川さんの頭に象のじょうろを乗せる旅」が、放送されました。
ご覧いただいたあなた、どうもありがとうございます。

一方そのころ、同時刻。
KBSさんでは、まったりと
「ダニエルがボードゲームを営業しにくる旅」が、
再放送されていまして。
こちらも、ご覧いただいたあなた、おおきにです。

そうなんです、分裂しているのですよね。

東西で、放送時間帯が同じにも関わらず、
放送回が、ズレているという。
さぞ、東西で盛り上がるぞ、なんて期待していましたけども。
これでは、神がお怒りになったあとのバベルの塔ばりに、
東西で断絶が生じてしまいます。

ですので、近い将来、同じタイミングで新作が流せるように。
今現在、呼吸を合わせ中です。もう少々お待ちください。
それまでは、列島を分断する温度差をお楽しみくださいね。

このブログも、前回
「放送終了後にこのブログを上げるような感じにしていきますね。
 あとがきっぽく愉しんでいただけたらと。」
などと、気取って書いたわりには、
さてお前は東西どっちのあとがきを書くのだ、と
2択を厳しく迫られていますが。

まあ今回は、tvkさんでの放送スタートを記念して、
「中川さんの頭に象のじょうろを乗せる旅」のことを書きますね。
そして早急に、西垣さんとブログの分担を話しあいます。

「中川さんの頭に象のじょうろを乗せる旅」は、
まあ一目瞭然、こういう回でございました。


アンラッキーな中川さんをラッキーにすべく、
ラッキィ池田さんに倣って、象のじょうろを
何があっても頭に乗せ続ける、という企画。

失敗して象が転落すると、象の断末魔が悲痛に響くという。
さらに、象を小さくできる「子象チャンス」や
象を重くできる「重りチャンス」もあって。

何を思ってこの旅をやろうとしたのか、今となってはおぼろですし、
何がどう作用して、そうなったのか分かりませんが、
恐らく暗い旅史上、ベストワンの回となりました。

これは、KBSで見た方の年末アンケートでもそうだったし、
僕らスタッフの手ごたえとしても、そんな打撃感になってます。
はるきっちゃんがはりきっちゃんになってくれたおかげです。

中川さんは、「俺はこの回以降呼ばれていない」などと
SNSで猛っていますが、それは「わりとベストが出た」からです。

いろいろ奇跡にも恵まれましたしね。

どうせつまんないステージがあるだろう、と思って
10ステージ用意していたら、10ステージすべて味わい深かったという。

なので、これいっそ2回分にしようかな、という誘惑もありましたが。
それをも振り切って、(まあ2回分やることではないですが)
10ステージをぎゅっと23分に濃縮したのが、この回です。

あんまり手前味噌になってもあれですが、
ひとつ、褒められるところがあるとすれば、
「この旅を、一部屋でやっている」ということですね。

いや、正確には、畳敷きの部屋と、
となりの床張りの部屋の、二部屋ですが。

いずれにせよ、豪華なセットとか、大掛かりな外ロケではなく
(そんなことやったことないですけど)
殺風景なヨーロッパハウスの二階だけで、こんなふうな
大人がキャッキャとエキサイトする旅ができた。

これに僕は、ある感慨を感じています。

ひと部屋企画、好きなんですよね僕。

過去にも、「盛り上がるジグソーパズルパーティーの旅」とか。
ボードゲーム関連の旅、クイズ関連の旅、
あと、KBSで折りしも放送された
「ダニエルがボードゲームを営業しにくる旅」もそうですが。

ひと部屋で、充実感のある旅をする。
これが、ぼく個人としての、内なる目標でありまして。

遡ること7年前、暗い旅を始めるときに、
建築家の、吉阪隆正さんという方の
「旅行」という文章に、ガツンと稲妻を落とされました。

以下、引用しますね。

↓↓

ときどき旅行をすることをすすめます。
金も暇もいらない魂の旅行をすることを。
この肉体の中ばかりをうろうろとしている魂に、
時々は肉体から飛び出して、人の肉体の中に入ってみたり、
あるいは空高く舞い上がって
宇宙全体が見渡せるような所まで遊びに行くことです。

銀河も、あらゆる他の星座も、
小さなひとつの塊に見える所まで行って、
またもとの肉体に戻ってくることです。
そしてわが胸のぬくもりの中で、
静かに旅の思い出にふけってごらんなさい。
顔におのずとほほえみを覚えるでしょう。

↑↑

「ははー、これだ!」となりまして。
番組のテーマを、こういうことにしよう、と。
魂の旅行をするのだ、それには、金もヒマもいらないのだと。

以来、なんとなく、
「物理的には遠くへ行っていない、その割には
 フィーバーした旅」というのが、いい旅。
という基準が、僕の中に、ひっそりと芽吹きました。

西垣くんとか鍋ちゃんは、外ロケも好きらしいので、
べつに足並みは揃っていないのですが。
まあ、僕はそんなわけで、「ひと部屋企画」に、
ある思い入れがありまして。
(単にインドア派なだけかもしれません)

ですので、この
「中川さんの頭に象のじょうろを乗せる旅」で、
ベストスコアが出せたことは、
僕としては、嬉しさもひとしおなんでした。

スポーツが嫌いで、体育も1で、
旅行も遠出もしたくない僕の、面目躍如っていいますか。

もし、この旅をご覧になって、
銃弾を鍋のふたで防ぐ中川さんの背景に、
ふと、アフリカの大地のジブリ(熱風)を感じていただけたなら
望外の喜びですし、
プラスチックの象たちのレースに、
モナコの潮風の匂いがふと鼻をかすめたなら、
この旅をやった回があるというものです。

魂の旅行とはそういうことです。

えーそして、これが曲がりなりにもベスト1ということは、
次回以降、目減りするんじゃないかという懸念は免れませんが、
旅の好みはそれぞれですし、同じアテンドはしてないつもりですし、
これからもよりエキサイティングな旅ができるよう、
スタッフ一同、鋭意努力してまいります。

そうして、これは!という旅がいつか思いついたときには。
また中川さんに出てもらいたいと思います。
パオーン!

2017年7月30日日曜日

♯155「ダニエルがボードゲームを営業しにくる旅」放送後記

西垣です。
今回は、
「ヨーロックホームズの旅」で丸山交通公園さんの
犯人役として登場した山下ダニエル弘之さんが主役回。



謎に包まれたダニエルを知っていくたびに、
その謎は深まるばかりです。

現在判明していることは、
①ブラジル人とのハーフらしい!
②丸山交通公園さんと清正くんの知り合いらしい!
③カメラマンをしているらしい!

これは上田さんがある取材を受けた際、
たまたま写真を撮っていたのがダニエルでした。

④英語、日本語、さらにフランス語も話せるらしい!

ヨーロッパ企画が催したお花見にダニエルも来てくれました。
外でお花見をしていると、観光客の陽気なフランス人男性が2人遊びに来ました。
僕らは「花見をしているんだ」とかカタコトの英語で伝え、
「どこから来たの?」と聞いて「ヘェー、フランスから来たんだ」
「じゃあパリですね」「エッフェル塔がありますね」
とか、すごくふんわりした、コミュニケーションをしているところに、
ダニエルがフランス語でバーッと、流れるように話したかと
思うと、とたんにフランス人男性に笑顔の花が咲きました。

⑤そして、ゲーム作って売っているらしい!

もうダニエルお腹いっぱいだよ!というところにこのエピソード。
これはがっつり暗い旅でやりましょう!
ということで今回の旅に至りました。

今回ゲーム、ダニエルの交友関係も明らかになりました。
ゲームのカードもダニエルの知り合い。

こちらは、
ブラジルでお世話になった演出家。


ダニエルのお母さん。


ダニエルのおじいちゃんになると額は大幅アップ!


そんなダニエルが丹精こめて作ったゲームはこちらの
HPから↓
http://cesspool.hox.jp/ja/

今回の旅でダニエルの魅力と謎と期待がますます高まりました!
突然のリクエストにもこのポテンシャル。



次回再放送の際には一時停止をしてお楽しみください!




2017年7月12日水曜日

作家もこそっと書くブログ7 ヨックリマン

「ヨックリマンシールを開ける旅」、いかがでしたでしょうか。
放送終了後にこのブログを上げるような感じにしていきますね。
あとがきっぽく愉しんでいただけたらと。


真ん中にいるのが、朝日新聞の向井記者。
放送でも言ってますが、この方がビックリマンのマニアでして。
僕が岸田賞のスピーチで「いずれ、ビックリマンコメディをやりたい」
と言ったのを耳ざとく聞きつけ、
僕にビックリマン好きを打ち明けてくださったのが
この旅の始まりでした。

元々はね、演劇担当の記者さんとして、お世話になってたんですけど。
まさかそんな顔があるとは、という。

位置づけとしては、
「マニア回」の第3弾、ということになりますね。


「間違ってない鶴を折る旅」の、西田シャトナーさん。
「文房具コレクターの家にお邪魔する旅」の、きだてたくさん。

そして3人目が、ビックリマンの向井記者、という。

こういう方々って、出会おうとして出会えるものでもなく。
日々を過ごしていて、何年かに1回、たまたまの引き合わせで
出会うような方々ですので、そうたくさんやれる旅ではありません。

向井記者も、岸田賞に関する取材のときに、いきなりこの

「神聞報王スクーペン」をくださいまして。
「これは僕が、グリーンハウスさん
 (ビックリマンの絵を描いている会社)にお願いして
 描いてもらって、それを個人的にシールにしたものなんです」と。

さらに、放送では紹介できませんでしたけど、


この「千生申帝」もくださいまして。
「これは、まんだらけの『境外滅伝』というシールのコンテストに、
 自分の考えたキャラを応募して、当選して、
 おなじくグリーンハウスさんに描いてもらったものなんです」と。

たしかにこちらのページを見てみますと、
「兵庫県西宮市 MDさん」とあり、これは向井大輔さんでしょう。
しかもご自身の絵のまま載せられているという、
ちょっとした辱めを受けています。

この人なにやってんだろう、と思ったのと同時に、
「これは暗い旅いきだ!」と思い、
出演オファーを即、申し込んだのでした。

そして放送では、ご覧いただいた通り。
スーツケースにビックリマンを詰めて、はにかみながらも
喜色満面で登場してくださいました。出てもらえてよかった。


そしてもう一つ。
この旅には大事な要素があって、
それは、タイトルにもある通り「ヨックリマンシール」です。

実はもともと、こっちで旅を企画していたんでした。

ことの始まりは、昨年末のカウントダウン。
舞台上に「日来間 路手貴(ひくりま ろてたか)」なる男が現れ、


謎のシール「ヨックリマンシール」を次々と開封していったのです。


これは「成キン毒キノコ僧」。
どことなしか本多くんに、内面含めてそっくりです。

これはぜひ暗い旅でもやりたいな、と思い。
だけど「ヨックリマン」だけで、30分の放送っていけるんだろうか、
と、すこし腰が引けていたところへ、向井記者との出会いがあり。

かつてのビックリマンの販売方法よろしく、
抱き合わせで、ひとつの旅が出来上がったのでした。

そうしたわけで、「ヨックリマンシールを開ける旅」は。
「マニア回+コント回」という、暗い旅的には多牌ともいうべき、
たいへん贅沢げな回でした。
会議室でシールを見ていくだけでしたけど。

せっかくなので記事の最後に、
これまでに出た「ヨックリマン」をあげておきます。
結構これ、商品化の要望も多くてですね。
なにしろ「道端で売っている」、謎のメーカー「ヨッテ」の商品なので
(しかも予算がなくて、シールじゃなくてカードでしたね)、
販路が押さえられるかは、怪しいのですけど。


いまのところ、確認されているラインナップはこの6枚。
悪魔が多いこのバランスも、
古きよき旧ビックリマンを踏襲しているんでしょうか。

ちなみに、パッケージも昨年末と微妙に変わっていましたね。


これだったのが、


放送ではこれに。
ロッテさんへの配慮でしょうか。
ヨッテの謎は深まるばかりです。

2017年7月11日火曜日

作家もこそっと書くブログ6 tvkさんでのレギュラー放送が!

上田です。
気まぐれなタイミングでこのブログ書いていてすみません。


【ぜひ拡散】 が、 テレビ神奈川さんにて、今年も放送!しかもそのままレギュラー放送決定です!関東の皆様お待たせしました! 放送前にお便りコーナーやります。石田・酒井への質問やメッセージを 『』をつけて送ってください!


というツイートが、暗い旅公式アカウントから放たれました。
そうなんです、テレビ神奈川さんでレギュラー放送が決まったんです!

満願成就の日がやってきました。

tvkさんに放送希望のメールを出してくださったあなた。
ツイッターで「関東でも見たい…」とつぶやき続けてくれたあなた。
中々でない暗い旅DVDをしぶしぶ何度も観てくれたあなた。
本編が分からないのに「もっと暗い旅」を観つづけてくれたあなた。
タイムラインで実況だけが流れてくるストレスに耐え続けたあなた。

バタフライ効果の逆のやつです。
一人一人のちょっとずつの行いが、必然として未来を変えたやつです。
いやあ感動的です、本当にどうもありがとうございます。

放送地域は、tvkさんのサイトによると














こんな感じだそうです。広い!
僕らもふんどしを締め直さねばいけませんし、
しばらくは如実に意識してしまうかもしれません。
ぜんぜん面白くなくなったり。

放送日時など、詳しい情報は、
また公式ツイッターや、このブログでもお知らせします。
新作をそもそも2週間に1回しか作ってないので、
そこはどうするんだ、とか。

あっ、そして、tvkさんの放送では、
番組の冒頭というか放送前に、
お便りコーナーのようなものを設けることにしました。

なんの気負いもないコーナーですが、
せっかくなのでお便りやメッセージ、質問などを
石田・酒井あてにいただければ、
高確率で取り上げさせていただきます。
『#tvk暗い旅』をつけて呟いていただくだけ、という
シンプル極まりないシステムです。

それでは、新たに放送圏になった方は、
どうか楽しみを胸に、今しばらくお待ちください。
未だ電波の届かぬ地域の方々は、
さらにもうしばらくお待ちくださいね。

2017年5月27日土曜日

作家もこそっと書くブログ5 ラップ×長回し×RPG設定

上田です。
今夜の放送は、新作「フリースタイルまじでダンジョンの旅」です。

タイトルありき感がすごいですし、実際そうですけど、
「ラップ系企画」の、新機軸でもあります。


今回、景色がよかったからか、妙にきれいな画が撮れました(笑)
なのでそこも、今回の見どころなんですが。

なにしろ見どころは、
「男肉du Soleilの団長が、フリースタイルで、
 23分間、長回しの旅をする」というところです。

男肉の公演のときは、こんなふうな団長ですが。

ラップをするときは、こうなりまして。

僕はこっちの団長が、とてもクールだと思っているのと、
あと、ここだけの話ですが、プロデューサーの押谷さんが、
「うーん、男肉の裸は、テレビでは…」と、
以前かるく難色を示されたこともあり、
(ダンスバトル企画をやろうとしたんです)
交渉の余地はないことなさそうですが、そこはそれ、
団長にはとりあえず、ラップ企画でよく登場してもらってるんです。

「はじめてのサイファーの旅」
「2回目のサイファーの旅」
「長回しフリースタイルの旅」
「長回しフリースタイル2の旅」
「大宮サイファーvs四条大宮サイファーの旅」
「大宮サイファーvs右京サイファー旅」

と、ラップの旅は、数え上げてみたらそれなりの回数やってまして。
毎回、団長に旅を率いてもらってます。

「はじめてのサイファー」をやったのが、約5年前。
そこから、「ラップ企画は面白いから、
僕らでどんどん掘り下げていこうよ!」などと気炎をあげたまま、
もたもたしているうちに、世間の方が掘り下げてしまい、
今や空前のラップブームで、暗い旅でやるのも恥ずかしいほどに。
角田さんなんて、ラップ好きなだけに、
ふんわりしたラップ企画に出るのを、露骨に嫌がる始末です。

とはいえ、このまませっかくの灯を消すのもナンだし、
僕らなりのラップの旅を見つけたいよなあ、という思いもあり。
さりとて、スキルには、石田・酒井を筆頭に、
まったく頼れるところがないですから。
あとは、持ち前のとんちで、変化球を投げるしかなく。

そうして行きついたのが、
今回の「フリースタイルまじでダンジョンの旅」です。
結局引っ張られてますけど。タイトルに関しては。
でも、こっちの「まじで」は、本家とはずいぶん装いが違ってまして。

まずは、「長回し」。
これは先述したとおり、過去に2回やっていて。

暗い旅は正味23分間ですが、
それを丸々、長回しで収録してしまおう、という暴挙です。

この方法は、ご想像のとおり、とても危険が危なくて。
なにしろ暗い旅の命綱である「編集」が効かないわけですから、
へたすると、旅が地獄めぐりになりかねません。
撮ってしまうと、あとはテロップを入れるぐらいしかないのでね。

なので、「長回し」をやるときは、
事前準備の周到さと、あとは、団長の反射神経にかかってきます。
正直、団長じゃないと、やれない旅だと思っています。

そうやってリスキーなぶん、
旅ちゅうずっと漂う緊張感は、異常値です。
お客さんまで、見ていてハラハラすると言ってくださるほどです。
ご心配かけてます。
そしてこの緊張感こそが、あまりテレビでは感じたことのない種類の
面白さかなあ、と、僭越ながら考えているんです。

(生放送より、ある意味シビアかもしれないです。
 カメラだって一台なわけで。
 そして放送では、そのしびれる感じをより強調するために、
 2回挟まるCMを前後にずらして、真ん中のパートを長くしてます)

そして今回はこれに、
「RPG風の設定」を、上乗せしてみました。

僕らがこれまた暗い旅でよくやっている、「演劇」っぽい要素ですね。
「ぽい」っていうか、そっちが本業なので、
「ぽい」じゃなくちゃんと向き合え、という話もありますけど。

なにしろ、ドキュメンタリーバラエティである「暗い旅」に、
演劇とかフィクションの風味をたす、っていう味付けを、
僕らはとても気に入っていて。
昔からね、「サカイアローンの旅」とか
「ファミリーサケピューターの旅」とか、
くそパロディの茶番を、いろいろ好んでやってますけど。

今回は、「長回しラップ」に、
この感じをふりかけてみました、という旅です。
「ダンジョン」という言葉を真に受けて、
ケルト世界観のRPG風の設えです。

さあ。
「ラップ」×「長回し」×「RPG設定」
 =「フリースタイルまじでダンジョンの旅」。
鬼が出るか蛇が出るか。
会心の一撃が出てるといいなあ。

----

余談ですけど、見ていくと、
こういう、野をかき分けるシーンが出てくるんですが。


このシーン、なんでか分かりませんが
すごい劇的だなあ、と思ったので、お気に入りです。
「暗い旅」の魂を引き受けたようなシーンだからか。