2018年3月18日日曜日

♯171「闇ゲームを開発する旅」

西垣です。

「盛り上がる闇鍋パーティの旅」「知らんやつが闇鍋パーティにくる旅」
につぐ、「闇」ゲームの可能性を探る企画でした!



もうこのシステムは定番になったでしょうか。
話したひとだけ顔テロップがでます。

醍醐味は暗闇の中からの明転。


からの

これ!


人は暗闇の中でリラックスしたり、
結構大胆になったりします、それを白日のもとにさらされる
という企画でしょうか。

ちなみに考えてみたもののしなかった、
他の闇ゲームです。

「闇手押し相撲」
暗い闇の中手押し相撲をする。

「闇球」
2対2で対戦。
守備は、ピッチャーとキャッチャー
攻撃は、バッターとヤジ。
暗闇の中で野球をする。
キャッチャーがボールをとれたらストライク。
バットをボールにあてると、ヒット。
バッターはヤジの声をたよりにバットをふる。
※ ヤジはピッチャー近くにいて『投げた』と言う

「闇迷路」
せまい部屋の床に5人が雑魚寝で寝ている。
誰にも触れずに、部屋の端から端までいけたらクリア。

「闇ッド」
暗闇の中、30秒間で、6人でピラミッドを完成させる。

「闇食い競争」

パン食い競争の闇版。
闇の中でパン、チョコ、するめみたいなものが吊り下げられている。

闇の企画性はあなたのすぐそばにいて、
あなたを待っています。
僕は小さい頃に停電になったとき、
めちゃくちゃ変な顔をするのが好きでした。


2018年3月8日木曜日

♯170「ワンナイト100円フィーバー2の旅」

西垣です。

今回の主役はこいつです。
「トリプルムービングボール」。
これだけで、番組をやってしまおうという目論見です。

ツイッターなどをのぞかせてもらうと、
これで番組ができるの!?とかこれで持つのか?
なんて意見を見ます。
 

それってなんか暗い旅らしい体験を共有できているなと思いました。
ほんとは番組は、その内容で中身でお笑いが起こったり、
泣いたり悲しんだり、内容を楽しむものです。
だけど、その外側、これって番組になるの!?って大変へんてこりんな、
楽しみ方だなとほくそ笑んでます。


で、こちらが数年前に僕が書いた「ワンナイト100円フィーバーの旅」のEPG(番組情報)を見てみますと、

『100円均一で買った、おもちゃひとつだけで番組をお送りするという挑戦回!ゲストも西村直子だけ!いわゆる「谷」の回…。「本当に今回大丈夫?」「これで番組になるの?」などという不安をふりきって、今こそ日常に潜むエンターテイメントに目を向け、魂を遠くに飛ばそうではないか!今夜!100均円均一のおもちゃひとつだけで、ワンナイト遊べることを証明します! 』

いやー何を言ってるのか、わかんないですね汗。
 『挑戦』って何に誰に誰の挑戦なのか、
『今こそ日常に潜むエンターテイメントに目を向け、魂を遠くに飛ばそうではないか!』
ここに関しては、この回が不安なことを悟られないように、
大きいことを言って煙に巻く戦法をしています。

今回の「ワンナイト100円フィーバー2の旅」のEPGは、
鍋ちゃんが作ってくれました。

『100円均一のおもちゃを30分全力で遊びきるという「ワンナイト100円フィーバー2の旅」。前回は西村が持ってきた100円おもちゃ1つを30分遊びつくした。今回は大学生の若手スタッフ3人が買ってきた100円おもちゃで遊びきることに。しかし実際に遊ぶのはそのうち1人が買ったもの。しかも「スタッフの人柄」だけで選ぶという、先行きが不安な予感が…。 果たして選んだ100円おもちゃで盛り上がれるのか!?  』

『果たして選んだ100円おもちゃで盛り上がれるのか!?』
いや知らん!「果たして」と「100円おもちゃ」の言葉のギャップがすごいです。
スタッフの番組情報が大きいことを言い出したらその回はやっていることが地味なことが多いです。

こちらのEPGは、もうなんか僕も自信ある感じで書いてますね。

#54「クイズ!黒木の旅」(1月23日放送)

 

「この番組の放送時間をすべて、名物男の黒木正浩に託してみる、という挑戦企画。そこで黒木がプロデュースしたのは『男の中の男』を決めるクイズ番組。「男の俳句クイズ」「男の愛用品クイズ」「男の憧れクイズ」など変なクイズばかり。だけど、このクイズ番組、はっきり言って面白いです!」
面白いと言い切ってますからね。

 でも、これなんかはひどいですね↓

#162「口パクを気づかれない旅」(11月4日放送)

 

「今夜は口パクを使った渾身?の企画。録音した音声を使って会話に口パクをまぎれさせ、気づかれないようにする旅。メンバー内でテストをしてみると「音声が流れてるにも関わらず話してしまう」「操作ミスで音声が流れない」そんな珍ミスを乗り越えいざ本番。ニセ企画で呼びだした木下出さんに口パクドッキリを仕掛ける。デジタルとアナログの融合が起こす奇跡の瞬間を見逃すな!」

 デジタルとアナログの融合が起こす奇跡の瞬間を見逃すな!
 この最後の一行は全然いらないですし、こんな内容でもなかったです。

今後とも、閉塞感ただよう現代社会で、新しいエンターテイメントを探索し、
人間が人間たる所以を見つめ直し、生きるとは一体なんなのか!?
技術がますます進歩をとげる一方で、今こそこの手に自由と笑いを取り戻す、
そんな暗い旅をその目に焼き付けろ!



2018年3月7日水曜日

♯169「中川さんにボールをうけてもらう旅」

西垣です。

♯169「中川さんにボールをうけてもらう旅」
をご覧いただきありがとうございます。


中川さんのツイッターを見てみると


見てほしいけど、ぶつけるなとおっしゃっています。
こちらを見てみると、
 

中川さんの中の、はるちゃんは「うれしいっ」と言っているので、
本当のところはどうなんでしょうか。

中川さん…
怖い。役者としてストイックで、体を鍛えていて、志が高い人物。
先輩後輩、分け隔てなく愛される兄貴的な存在。
として僕らは普段接しています。

しかしときおり
「このひとはいったい誰なんだろう。僕らの知っている中川さんじゃないな 」
と思うときがあります。過剰なリアクションだったり欲しがりだったり。

はるちゃん…
表情では嫌がっているものの、もっとやってほしいと思っている。
「おいしい」という感覚がある。
これは、はるちゃん、インスタグラムで見つけました。


 これもはるちゃん。

 はるちゃんは顔ハメのパネルが好きです。
はるちゃんは、お茶目でサービス精神旺盛で、魅力的なのです。

でこれは、はるちゃんでも中川さんでもない変なやつです。
https://www.instagram.com/p/BbyjEBjlb3d/?taken-by=haruki0703

おそろしいです。
歌とは裏腹に目はにぶく光り、地獄の抜け道のような細い声で、
ポップな曲を歌う人格。
※閲覧注意、ご本人の責任で視聴をお願いいたします。



2018年2月4日日曜日

♯168「中川さんをVRで怖がらせる旅」

西垣です。
「中川さんをVRで怖がらせる旅」でした。


・高いところが苦手。
・手作りの料理が苦手。
という情報を仕入れたので、これは!ということで、
企画が行われました。

とくに高いところが苦手らしいです。
舞台設営では脚立にすらのぼらない、中川さん。
苦手と知っているのに、ヨーロッパ企画の本公演「ロベルトの操縦」では、
宙吊りになって、登場します。
「高いの怖いわー」と言っている中川さんに対し、メンバーは、
笑うでもなく、声をかけるわけでもなく、
ぼやーっと、中川さんを見ています。
いいですね、とっても素敵です。

顔が怖い×小さい。こんないい掛け算ないんじゃないですか。


ある映像の1シーン。
ああ、怖いですね。
常に怒ってるわけでなく、冷静な頭脳を持ち合わせているが、
人の心を全く理解しない、という一番怖いタイプの怖い人ですね。

 
これはラジオ収録後の様子。
笑っているのが余計に怖いですね。
目の前で人が血まみれで倒れているのでしょうか。
そんな中川さんですが、暗い旅が放送されるたび情報が更新されていきます。

「焼きそばは絶対にうまい旅」では、
チンピラみたいな家に住みつつ、具なし焼きそばを披露。
→食に興味のないチンピラ。


「おまえだ!のやつをやってもらう旅」では、
チンピラみたいな家に住みつつ、ノーリアクション。
→食に興味がなく、驚かないチンピラ。



「中川さんの頭に象のじょうろを乗せる旅」では、
不幸な中川さんの運気をあげた。
→食に興味がなく、驚かず、不幸から幸運になったチンピラ。



で今回は、
→食に興味がなく、驚かず、不幸から幸運になり、
 やっぱりあんまり驚かなかった、、、

けど!

ボールが苦手なチンピラだということが判明しました!

ということで次回の新作は、
「中川さんにボールをうけてもらう旅」です!



2018年1月21日日曜日

♯167「任せて先に行く旅」

西垣です。
「任せて先に行く旅」いかがだったでしょうか?


ヨーロッパ企画メンバー総出演で
お送りしたフェイクドキュメンタリーでした。

めくるめく試練(ゲストさん)を上田さんが演出し、
現場に送りこみ、合流してから、鍋ちゃん・西垣と打ち合わせ、
小道具や撮影段取りを、甲斐くん、間宮くん、平井さんが調整し、
ドドドっと、撮影は進んでいきました。

ある程度の流れやセリフは、書いていますが、
役者さんの味付けや、膨らませるところはアドリブ芝居のエチュードです。



ここは、角田さんの地割れのところなんですけど、
関西弁で、なんて台本には一言も書いてないですね。





けどなんとなくあそこは関西弁の方があうような気がしたし、
今ではマストのような気さえしてきます。


西村さんVSキョンシー。


のセリフは、



酒井 頼んだぞ、キョンシーガール。

しか書いてないのに、本編では色々いってましたね。
「とんぼかえり」とか。
※オンエアにはのってないけど、収録ではもっと、
キョンシーの何かを言ってました。
酒井さんのオタクの詳しい部分が炸裂すると、
僕はやった!と思います、
そのまま面白いときもあるし、
酒井うるせぇなとみんなに言われてしまうときもあります、
どっちにしても盛り上がるので、やったですね。

台本から役者さんがポコポコ盛り付けて、
さらに編集で切りとってが暗い旅のコント企画の醍醐味ですね。

で、ここですね。
中川さんですね。
アイスバケツチャレンジをメンバーの変わりにするハメに
なった中川さん。
けどですね、台本にはかぶるとは書いてないんです。



「※ここ、まあ皆が見届けて〜」
と書いてますよね?そうなんです、中川さんが流れでそうしたんです。
そうなんです。

打ち合わせの段階で、
上田「まぁ書いてあるとおり、どっちでもいいです。
   ほんとにかぶらなくても、流れに任せます」
中川「かぶらんでいい流れなんてあるんか?」
上田「いや、ほんとに大丈夫です」
中川「絶対かぶることなるやん!」
という流れがありました。

悪いです。これは上田さん悪いです。
他の出演者もへらへらしていました。

でも、これが劇団20年やっている息の合い方なのかと思いました。
で、気がついたら真冬の寒空下、氷たっぷりの水をかぶっていました。
 撮影後の満面の笑みで写真にうつる中川さん。




2018年1月13日土曜日

♯166「不思議バインダー3の旅」

明けましておめでとうございます!
毎年新年は暗い旅DVDの新作が発売されますね。
今回は第4弾です。

購入された方は、ご存知でしょうが、
盤面やコメンタリー、人物紹介などにこだわっています。
テレビではどうしても時間の制約などがありますので、
DVDはそれを気にせず、面白かったところはたっぷり残し、
いわば完全版ですね。
そして、今回は通好みのセレクションになっております。
各話の僕個人の好きなシーンは、

▽石田さんのネズミ退治の仕掛けの雰囲気がましている!
▽換気扇に吸い込まれる永野さん。
▽植田さんの謎の自信。
▽ムネノリ会長のしゃくれんぼ。
▽おまえだ!がバッティングしてしまう。 
▽怠惰なサケキーコングの顔がムカつく です。



ぜひぜひご検討くださいー!
http://www.europe-kikaku.com/shop/eurodvd029.html

さて不思議バインダーはなんと第3弾ですね。
いやーまだまだあるぞ、不思議バインダーですね。

もともとはXファイルのもじりなんですけど、
あーという感じですよね、そうなんです、そうなんですよ。
偶然以上心霊未満の話を集めたものです。
普段ひとに話すほどでもないなー、というものをこれを機会に
話そうという企画ですね。
バインダーですからきちんと、ファイルしてますよ。
ごっちゃになってきたな。
僕お気に入りの二作品です。甲斐くんのイラストがひかります。


ね?なんの話なんだ、となるのがこの企画の醍醐味です。
みなさんもありませんか?僕の不思議バインダーの話を少し。

「絶対に岡村くんがいる」
現・ヨーロッパ企画のマネージャーの岡村くんは、
昔僕と一緒に住んでいました。
仕事から終わって、帰る途中、
「家に帰ると岡村くんいるなぁ〜」と第六感が働き、
ドアを開けると岡村くんがいました。
「いるなぁ〜」と感じたときは、絶対にいます。
最近も東京で仕事を終え、
「あれ?岡村くんがいるなぁ、でも一緒に住んでないし」
と思っていると、牛丼屋から岡村くんが出てきました。
原宿ですごい人混みの中、
団長と仕事を終え、二人であるいていると、
「あれ?岡村くんいる感じするなぁ」と思うと、
やっぱり岡村くんが通りかかりました。
僕には岡村センサーの才能があるようです。
密室の部屋のどちらかに岡村くんがいると、
いる方のドアを開けられる自信があります。
とまぁ、人に話すほどでもない話でした汗

 
おまえだ!をくらっている岡村くん。
まだこのときはヨーロッパ企画のマネージャーになるとは、
知るよしもない。











2017年12月24日日曜日

作家もこそっと書くブログ16 モザイクまわりのジャッジ

上田です。
KBSでは、#165「チェスをかじる旅」が。
tvkでは、#3「名湯をめぐる旅」が。
再放送されたことでしょう。

「名湯をめぐる旅」は、勘のいい方はおやっと思われた通り、
画面の一部に、そこはかとなくモザイクがちらつきます。
本多の股間のあれではなく、フリップとかにです。

これの秘密を、お話ししなくてはいけない時が来てしまいました。
墓場まで持っていく予定だったんですけども。
そこまでのことではないですね。


なぜそうなったのか。
「ちょっと待った」がかかったんです。
当時(2011年)、KBSのプロデューサーさんからです。

ちょっと僕が迂闊だったんですけど。
温泉の効能について、あんまり裏がとれてない感じの情報を、
フリップに書いてしまったんですね。

テレビってやっぱり、公器ですからそう自由ではなくて。
当たり前なんですけど、いろいろと制約がありまして。
人を傷つける表現、誤解を招く表現、アンモラルっぽい表現。
そうでなくても、そうとられかねない表現。
そんなのってやっぱり、奔放には放送できなくて。

そこが、たとえば動画やVODとかと違うところであり。
不自由さでもありながら、美徳でもあるなあ、と。
僕が、テレビ放送が好きなところのひとつです。

たとえばですけど。
これ面白いけど、もしかすると誰かを
傷つけちゃうかもなー、とか。
不快に感じる人もいるかもしれないなー、とか。
よい子が真似したら、ドキドキするなあ、とか。

そういう「きわどい内容の放送」って、割とあるんです。
べつに過激なことを目指してなくても。日常的にある。
そして、それを放送していいか、よくないかのガイドラインって、
「特にない」んですよね。
(いやもちろん、基本的にはあるんでしょうけど)

だから、作り手と送り手が、
「こりゃあちょっと刺激が強いんじゃないか」とか。
「この冗談は、始めましての視聴者には通じないよ」とか。
「いやそれでも、面白いから放送する値打ちあるっすよ」とか。
そういうことを、自分たちの感覚で判断しながら、やるんです。
最終的には。

今回じゃないですけど、
たとえば「バスタブでんぐり返し選手権」という企画で。
ゲストのひとりが、バスタブにお湯を張ってでんぐり返ししてくれて。
勢い余って、背中を蛇口でがりっとこすってケガしてしまったときに。
でもそのシーンが、めっちゃくちゃ面白かったときに。

それをどこまで放送していいのか、よくないのか。
血を映さなければいいのか。赤くなってるのはアリなのか。
ガイドラインは、あるようでないんです。(きっと)

ここのところが、エキサイティングなところでして。
僕が好きな番組ではだいたい、とても危うげなところを、
セクシーにそして大胆にだけど優しく、突いておられます。
ちゃんと作り手が、身を挺して、GOしてるんですよね。
危険を省みながら、でも面白いので、踏ん切るという。
そして、ギリギリのところで、きちんと優しい、という。

暗い旅も、そういう番組になりたいもので。

「名湯をめぐる旅」を撮ったときは、無邪気で。
でも、放送前にチェックしてもらって、
「フリップに書いた効能を
 まるまる信じるお客さんだって、いる」
という指摘をうけて、ははーと、目から鱗でした。

想像力は大事やなと。いい方にも悪い方にも。
無茶をやるにしても、その上で、やなあと。
そこらへんのことを、始めたての頃に考えた旅でした。

旅の内容そのものは、入浴剤の風呂に入るだけという、
とても「谷くさい」ものでしたけど。


そんなことがあって。
「チェスをかじる旅」のときでも、実はどきどきしていたのは。
「チェスマニア」の人が見て、「そうじゃないよ!」みたいなことが
もしあったら、申し訳ないな、ということでした。

一同ルールを知らずにやってますから、読み間違えとかもあるわけで。
チェスのプロフェッショナルも、現場には一人もいないわけで。
だからこそ、未知の冒険で胸が熱くなる、
っていう旅だったんですけど。

チェスを愛好してる人が、たとえば見てくだすったとして。
「ああ、チェスのやり方、そうじゃないのにい!」みたいなことに、
うっかりなってしまってたら、どうしよう、と。
チェスを貶めてしまいますからね。

(たとえば僕が、演劇を取り扱った番組を見ていたりして、
 演劇のことが誤解されながら描かれていたら、
 すこしやっぱり、むう、となりますからねえ)

そんなことを考えながら、
「まあけど、この内容で目くじらは立てられるまい」って、
なんとなく肚をくくれたので、この企画を断行したんでした。
チェス人口をへらすようなことには、多分なるまいと。

なんだか真面目な話になってしまったですけど。
暗い旅をやっていて、面白いなあ、と思うのが、そこのところです。
関わっている人数が、極端に少ない番組ですので。
誰かが考えてくれるわけじゃないので。
自分たちと、局の担当者の方とで、体をはってジャッジする。
気遣うところは気遣って。攻めるところは攻めて。
ときには侃侃諤諤なんてしながら。

そういうことがマニュアルっぽくなく、できた暁には。
ちゃんと息遣いが伝わる、番組になるんではないか、と。
「名湯をめぐる旅」や「チェスをかじる旅」で、
そこまで気色ばむことでもありませんが。


俺たちの息遣い、届いてますか。